徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック/インプラント・歯周病治療・虫歯治療・根管治療など

ネット診療予約
高度医療
トップページ > 高度医療
高度医療とは
日本の歯科治療の多くは再治療です。つまり治療した箇所が再び悪くなりもう一度治療しないといけない状態になってしまっているのです。この繰り返し治療の結果、歯を失ってしまうことも少なくありません。

皆さんが歯で困らない人生を送るためには「繰り返し治療からの脱却」が必要なのです。脱繰り返し治療に必要なのは「高品質の治療」と「高品質の清掃」だと考えています。

私たちが考える高度医療とは「品質の高い治療」のことです。
品質の高い治療に必要なのは

  • 病気を直すための精度の高い治療(虫歯治療、根管治療、歯周病治療)
  • お掃除のしやすい環境作り(修復治療、補綴治療)
です。

徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック) 
インプラント・歯周病治療・虫歯治療・根管治療など


高度医療について
病気を直すための精度の高い治療
歯科に関わらずどのような病気においても治癒率というものがあります。
つまり、どのような病気でも治療を行ったからといって治癒しているわけではないことを意味しています。
治療行為≠病気の治癒

治癒に導くためには精度が高い治療が必要なのです。
虫歯治療
歯の病気で初めに生じるのがこの虫歯という病気だと思います。
たかが虫歯かもしれませんが、このステージでしっかりと適切な治療を行い今後の再発を予防していくことがとても大切です。
虫歯治療術前
術前の状態
過去の治療でお掃除のしにくい環境が残ってしまったため虫歯が再発しています。
プラスチックの詰め物と歯との境目に汚れがたまりやすい段差があります。
↓
虫歯治療術中
術中の状態
虫歯を確実に除去します。
虫歯が残っていると再発につながります。
↓
虫歯治療術後1
術後の状態
プラスチックの樹脂をしっかりと歯に接着する(くっつける)とともに本来の歯の形を回復することで再発を防止します。
段差の無い状態と歯ブラシが入りやすい形に仕上げます。
↓
虫歯治療術後2
術後の状態
一つ一つの歯を丁寧に治療することで、全体的に清掃をしやすい環境を整えることができています。
これだけしてようやく歯ブラシやフロス(糸ようじ)で清掃できるようになります。

根管治療
根管治療の精度はその歯の寿命に影響を与えます。根管治療は患者さんがその歯に痛みを感じて行う場合が多いですが、歯の痛みが取れればそれだけで良いというわけではありません。
治療の結果その歯の病的な問題が解決しているか、また他の問題を生じていないかの評価をしっかりと行うことが大切です。

■抜髄処置(歯の神経を取る治療)
虫歯により神経が痛み、神経を取る必要があった歯です。
痛みを取るだけでなく、神経の入っている細いトンネルの形を整え根の先まで緊密に薬を充填することで根の先が膿まないようにします。
右のレントゲンは術後3年後の状態ですが全く問題が生じていません。

抜髄処置(歯の神経を取る治療)




■感染根管治療(根の中の細菌感染を除去する治療)
抜髄処置がうまくいかなかった場合左のレントゲンのように根の先の骨が溶けて膿がたまることがあります(根の先の黒く丸く見える部分)。根管の中の細菌を除去し根の先まで緊密にお薬を充填することで溶けていた骨が回復し膿が無くなります。レントゲンで骨の回復が認められるには6ヶ月以上の期間がかかりますが、治療の結果を評価することが大切です。

感染根管治療(根の中の細菌感染を除去する治療)


多くの歯の根が膿んでいる状態でしたが、適切な処置をすることで全ての歯が治癒または治癒傾向にあります。症状はほとんど無いですが、膿んだ状態で長く放置すると最悪の場合歯を抜かなければならない状態になることもあります。
根の治療は建築でいうところ基礎工事にあたります。
地味な部分ですが、実はとても大切な治療なのです。
感染根管治療(根の中の細菌感染を除去する治療)


歯周病治療
歯周病は治療を行うのがとても難しい病気です。しかし歯を失う理由の一つである歯周病をしっかりと治療することはとても大切です。難しい治療ですが適切なステップを踏めば良い結果を得ることができます。

■初期の歯周病
初期の歯周病
初期の歯周病
歯肉が腫れて強い炎症を引き起こしています。初期の歯周病はブラッシングの改善を行い、その後歯石(表面上の歯石、歯茎の中の歯石)を除去することで治癒に導くことができます。
↓
初期の歯周病治療後
治療後の状態
歯肉の炎症は無くなり良好な状態を呈している。
ブラッシングに関する意識や技術も改善され、今後の長期の健康の維持が期待できる。どのような病気もそうだが初期の段階でしっかりと治療を行うと良好な結果を得やすい。早期に発見し対応をしなければならない。



■中等度以上の歯周病

歯周病治療は中等度以上になると治癒に導くのが難しくなります。
でも、諦めることはありません。病態を詳しく審査し治療方針を定め、適切に治療していくことで良好な結果を得ることも可能です。歯周病の進行を止め、そのままだと抜かなければならなかった歯を救うことも可能です。ただし治療開始の時点で残すことが難しい歯もあります。
状況によっては状態の悪い歯を抜くことも必要になります。

術前の状態
全体的に中等度以上の歯周病に罹患しています。
ご本人の自覚症状はほとんどなく、主訴は審美的な改善でした。
中等度以上の歯周病

↓

治療終了後の状態
中等度以上の歯周病治療後
全額的な治療を行い歯周病の進行を止めることに成功しています(治癒)。
ブラッシングの技術も安定し良好な予後が期待できます。
主訴であった審美的な問題も改善しています。



■重度に進行した歯周病

重度に進行した歯周病も状態によっては、再生治療を行うことで良好な結果を得ることができます。

重度に進行した歯周病


【お掃除のしやすい環境作り】
清掃のしやすい環境を整えることは治療した歯が再発しないために、とても大切なことです。

お掃除のしやすい環境作り
術前の状態
プラスチックの樹脂が詰まってますが、歯と樹脂の境目に大きな段差があります。
また、本来の歯の形から逸脱しており清掃がしにくい環境です。
↓
お掃除のしやすい環境作りの治療後
術後の状態
プラスチックの樹脂と歯の境目がわからないくらいスムーズに仕上がっています。
また、歯の本来の形に回復しているため歯ブラシや糸ようじでの清掃がしやすい状態になっております。

補綴
補綴修復
人工物が大きくなるほどその精度の高さが要求されます。歯を削っている量が多いだけに虫歯が再発するとその歯のダメージはかなり大きくなるからです。


歯を削った状態
精度の高い補綴物(被せ物)を作るには精度高く歯を削る必要がある。 補綴修復

↓

完成の前に歯に精度高くフィットしているかを確認する。
補綴修復

↓

最終補綴物
見た目の美しさも大切だが、精度高く歯にフィットしていること、
歯が清掃しやすい形態になっていることが長期的にもつために重要である。
補綴修復


徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック
虫歯治療・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯(義歯)・歯周病治療など

  • 徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック/KITA Dental Clinic診療時間
  • ネット診療予約&無料カウンセリング
  • 高度医療
  • 徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック/KITA Dental Clinic求人情報
  • 無痛治療
  • 虫歯治療
  • 歯内療法
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 入れ歯・義歯

徳島市の歯科医院(歯医者)
喜多歯科クリニック

sp