無痛治療・虫歯治療・歯内療法は徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックへお任せ下さい。無痛治療・虫歯治療・歯内療法対応の徳島市の歯科医院(歯医者)

ネット診療予約
虫歯治療・無痛治療・歯内療法
トップページ > 診療科目案内 > 虫歯治療・無痛治療・歯内療法
虫歯治療
虫歯治療について歯科医院(歯医者)に、ご来院される理由の大きな一つが「虫歯になったから」だと思います。
では、「なぜ、虫歯ができるのでしょうか?」

虫歯とは、口腔内でミュータンス菌が作り出した酸により歯が溶かされ、穴があいてしまう病気のことで、感染症の一つとされています。初期段階では痛みを感じないため、自覚症状がないまま進行してしまうのが特徴です。

一度虫歯になると自然には治らず、放っておくとどんどん悪化し、歯を多く削ることになってしまいます。虫歯が大きくなると歯の神経を取らなければならなくなることや、場合によっては歯を抜かなければならなくなることもあります。早めに治療すれば、削る部分が少なくてすみます。どのような病気も早期に発見し治療することが良い結果につながります。

面倒がらずに、初期のうちに診察を受けましょう。

また、虫歯は、以下のような流れで進行していきます。
C0:脱灰 C0:脱灰
痛みがなく、自覚症状はありません。この段階なら、適切なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化して治ります。
C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯 C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯
まだ痛みはありませんが、歯の表面が白くにごり、ザラついてきます。この段階も歯を削る治療は行いません。適切なブラッシングと再石灰化を促す処置を行います。また、定期的な観察で虫歯が大きくなっていないかのチェックが必要です。
C2:歯の中(象牙質)の虫歯 C2:歯の中(象牙質)の虫歯
この段階になると、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみたり痛んだりします。治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー、レジン)で保護します。
C3:神経まで達した虫歯 C3:神経まで達した虫歯
この段階までくると、激しい痛みを感じることがあります。治療は神経を取る必要が出てきます。神経の治療後、かぶせ物(クラウン)を装着する形が一般的です。
C4:歯の根まで達した虫歯 C4:歯の根まで達した虫歯
ここまで進行すると、炎症を起こして膿がたまり、最悪の場合抜歯が必要になります。この状態にならないように早期に歯科医院を受診してください。
生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、初期の病気である虫歯を適切に治療し悪化させないことが大切です。

適切な虫歯治療には次のようなことが必要です。
・確実に虫歯を取り除く
・詰め物を確実に歯に接着する
・詰め物と歯の境目の段差を作らない
・清掃しやすい形に仕上げる

適切な治療を行った後には、しっかりと歯磨きを行い再発しないようにしましょう。
治療例
レジン(プラスチック)を用いた治療
金属を用いた治療
セラミックを用いた治療
歯をできるだけ残すためにも早めに治療にお越し下さい。治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで、虫歯の再発を最大限減らすことが出来ます。
「歯医者はなんとなく怖い 」
「虫歯は進行しているのはわかっているけど、痛くないのでほったらかしにしている」
「痛い治療が嫌だ」
と思われている方はまだまだ多いのが現実です。

怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか分からないと言った不安要素が大半のようです。徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では痛くない治療(無痛治療)を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。
不安な点や分からないことがあれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。

また、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では、患者様が安心して治療をお受け頂けるように無痛治療(痛くない治療)への取り組みに力を入れております。

次に、無痛治療についての詳細を掲載しておりますので、是非、ご覧ください。

無痛治療・虫歯治療・歯内療法は徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックへお任せ下さい。
無痛治療・虫歯治療・歯内療法対応の徳島市の歯科医院(歯医者)


無痛治療への取り組み
徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では、患者の皆さまが、歯科治療に抵抗を感じないよう「痛くない治療=無痛治療」に取り組んでおります。

患者さんは必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。私自身幼い頃から歯科医院に行くことが嫌でした。だからこそ、少しでも不安を解消できるように、痛みの部分を少しでも無くせるように、以下のような取り組みを行っております。

無痛治療をご希望の方は、是非、下記の内容をご確認下さい。
取り組み1:歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用
麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。
そこで、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックでは「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。
表面麻酔薬をしっかり塗ったあと、きちんと塗り薬が浸透するのを待ってからゆっくり麻酔注射を行うことによって、痛みが抑えられるのです。
取り組み2:細い注射針を使用し、痛みを軽減
徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では、歯医者さんで使われている注射針の中で最も細い「33ゲージ」という針先の太さが0.2mmの注射針を使用しております。
具体的にいうと、蚊に刺されるのと同レベルの針と言われています。
痛みの軽減において、最も優れている注射針を使用しておりますので、ご安心頂けると思います。
取り組み3:電動麻酔注射器を使用
一般歯科(虫歯治療・口内炎治療・口臭治療・知覚過敏)麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器を利用すれば、一定の速度でゆっくりと麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。

当院では、カートリーエース・プロという歯科用電動麻酔注射器を採用しております。
取り組み4:痛みの少ない麻酔注射の打ち方の工夫
最も痛みを感じることが多いのが、麻酔液を注入する時と言われます。そこで、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックでは、以下のような工夫を実施しております。

・麻酔液を注入する時は、強く押し出すと痛みを感じる為、「ゆっくり時間をかけて注入」
・最初に少し麻酔液を注入し、少し麻痺してから再び麻酔液を注入
・部位により痛みを感じやすいところとそうではない部分があります。
 最初の刺入は痛みを感じにくい部分を狙います。

時間と手間をかければ痛みは減らせるので、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックでは、これらを実践しております。
取り組み5:麻酔液が完全に浸透してから治療
徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックでは、麻酔後、麻酔液がしっかりと浸透するまで5分程度の時間をおきます。せっかく麻酔注射を受けたのに、麻酔が効いていない状態で治療受けるともちろん痛みが伴います。そのようなことがないように、時間をかけて患者様がもっとも痛みを感じない環境下で、治療を実施させて頂きます。

以上のように、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では、無痛治療において様々な取り組みを実施しておりますので、痛くない治療=無痛治療をご希望の方は、是非、徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニックへご来院下さい。

無痛治療・虫歯治療・歯内療法は徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニックへお任せ下さい。
無痛治療・虫歯治療・歯内療法対応の徳島市の歯科医院(歯医者)


歯内療法
根管治療というと聞きなれない言葉だと思いますが、「歯の神経を取る治療」「根の中のお掃除」などと表現されるのが根管治療です。
根管治療が必要になる理由
@抜髄治療(歯の神経を取る治療)
「冷たいものや温かいもので強い痛みを感じる」「何もしなくてもズキズキ痛む」などの症状があります。

レジン(プラスチック)を用いた治療虫歯が進行すると、歯の中の神経のところまで細菌が侵入してしまいます。そうすると神経組織が炎症を起こし、冷たいものや熱いもの等の刺激で痛みが出るようになります。

さらに炎症が強くなるとなにもしなくても痛みが生じます。

このような状態になってしまうと残念ながら神経を残すことが難しくなります。根管治療を行い炎症を起こしている神経組織を丁寧に取り除き、細菌が繁殖しないように神経組織があったところにお薬を緊密に詰めます。

丁寧に行わなければ根管内に細菌が繁殖し、後に再度根管治療(感染根管治療)が必要になります。

レジン(プラスチック)を用いた治療
A感染根管治療(根の中のお掃除)
「ズキズキと痛む」「噛むと痛い」「歯が浮いたような感じなどの症状があります。

レジン(プラスチック)を用いた治療上記の歯髄炎の状態を放置してしまうと神経が死んでしまい、根管の中の細菌は死んだ神経組織を栄養にしてどんどん繁殖します。繁殖した細菌が根の先から出てしまうと、歯の周りの骨を溶かし膿の袋ができます。この状態は必ず痛みや症状を伴うわけではなく、放置してしまうと知らないうちにこの膿の袋が大きくなり歯を抜かなくてはならないほど問題が大きくなることがあります。

また一度根管治療を受けた歯であっても根管内に細菌が残っていたり、再び細菌が侵入してしまうと同じく病気が生じます。

このような状態になった場合、根管治療を行い根管内の細菌を除去します。根管の中はとても複雑な形をしていることが多く、その中の細菌を除去することは難しいですが丁寧に清掃を行い再び細菌が繁殖しないように根管内にお薬を緊密に詰めます。

レジン(プラスチック)を用いた治療
根管治療は建築に例えると土地の基礎工事です。基礎工事がしっかりしていないといかに立派な建物を建てたとしても不安を抱えることになります。歯も同じでいかに美しいセラミックをかぶせたとしてもその土台である歯に問題が残っていては長く持つことが難しくなります。
根管治療はその一つにあたります。

一方で根管治療はとても難しい治療とも言われています。
その理由は 、

  • 根管治療は細菌とのたたかいである。
  • 根管の形が複雑である。
  • 根管の中が見えない。

ということがあげられます。

難しい根管治療に対する当院のこだわりは、
ラバーダム防湿
ラバーダムとは歯に装着するゴムのシートを用いた治療方で、治療中に唾液に混じって根管内に細菌が入らないようにする目的があります。唾液の中に潜む細菌に対する配慮は重要で、治療の結果に影響を及ぼします。また薬剤や器具の誤飲などから患者さんを守ってくれます。
レジン(プラスチック)を用いた治療
拡大下での治療
マイクロルーペ根管内は暗くて細いため、従来より歯科医師は手探りで治療を行っていました。

しかし当院では強拡大の拡大鏡とライトシステムを用いることで根管内を目で確認しながら治療を行うためより正確で確実な根管治療を行えます。

CT画像診断
見えない根管を見えるようにする方法の一つとしてCT画像診断があります。3次元の根管の形を正確に捉えたり、病気が生じている部分を的確に診断するには非常に有効な方法です。今までの2次元のレントゲン画像では見えなかったものが見えるようになりより確実な診断や治療が行えます。
レジン(プラスチック)を用いた治療
最新の治療器具
従来の手用ファイルはもちろんのことニッケルチタン性のファイルを駆使して治療を行います。ファイルでは対応が難しい部分に関しては超音波の機械を用いて根管の形成を行い、その歯に合った方法で治療をします。
レジン(プラスチック)を用いた治療
根管治療には時間や期間が長くなる場合がございますが、適切な処置には時間がかかることがあります。疑問などございましたらいつでもご質問ください。必ず明確にお応えさせていただきます。

徳島市の歯科医院(歯医者)喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)では、品質の高い根管治療を行います。歯の根のことについてお悩みの方は、是非、喜多デンタルクリニック(喜多歯科クリニック)へご来院下さい。

徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック
虫歯治療・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯(義歯)・歯周病治療など

  • 徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック/KITA Dental Clinic診療時間
  • ネット診療予約&無料カウンセリング
  • 高度医療
  • 徳島市の歯科医院(歯医者)喜多歯科クリニック/KITA Dental Clinic求人情報
  • 無痛治療
  • 虫歯治療
  • 歯内療法
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 入れ歯・義歯

徳島市の歯科医院(歯医者)
喜多歯科クリニック

sp